2017年02月15日

台湾 お金持ち事情 ❷

夫です。台北は,新築,建て替えのラッシュ。

最近の大楼は,ゲートに管理人24H常駐,四重五重のオートロックは当たり前…。

世知がない世の中を反映しています。


台北の金持ち地区,それは天母。

お金持ちの街に間違いない‼︎

ただ,外国人が多い地区なので特にそう見えるのだろう。


台北の真のお金持ちは,仁愛路にあり‼︎

…と以前に見たことが。

そう,帝寶 こそがお金持ち界の頂点。

遠くからパット見,美術館?的な建物です。


台湾のお金持ち界で話題の大楼がコレ



IMG_3101.JPG


只今,黙々建築中。

ちょっと変わった,螺旋のデザイン。

101の目と鼻の先。

そして最大の特徴は,何と言っても

愛車ごと部屋に乗り入れられる!

車用EV完備。


へ?何それ…て感じですよね〜


1フロア1軒。

間取りは知らん…。

そして,驚きのお値段…


1戸…



25から40億円


記憶が間違っていなければ,…。

( ;´Д`)

なんじゃそりゃ。


豪宅と言えば,最近アメリカで,世界一高級な住宅街記録更新をしましたね〜。


恐らく,超こだわりの内装。アート込み込み

約2,500…万。

おお〜,何だ超格安じゃん!


からの〜,

2,500億円

Σ('◉⌓◉’)ヤバっ!

もっともハリウッドセレブ向けらしいですが…。


さて話は台湾に戻って。

間取りは知らんと言いましたが,何故なら台湾はスケルトン(建築)

とインフィル(内装)は基本的には別物扱い。

あゝ,恐ろしや。

因みに101付近の金持ちは,いわゆる成金。

六本木的な感じですかね〜〜。

どうせ,お友達になるなら仁愛路人を探せ‼︎ 笑

完成形が待ち遠しい〜。

他にもバブリーな建築があちこち…。

お金持ち 住宅事情でした。


ラベル:101 お金持ち
posted by ひかのすけ台湾 at 08:59| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ひかのすけ台湾 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
       旅行日数からスーツケースを探す 
     タビナカ