2017年04月16日

いもちゃんの悲しい話…笑えない

我が家の いもちゃん

台北の 古い住宅には イモリがいます

姫個人的に 非常に可愛がっています

イモリは キュッキュッきゅっと鳴きます

蚊を食べてくれるはず

10年ずっと 引っ越しても 新たな 

イモリが いて 鳴き声をきくと 

イモちゃーん と話しかけている姫です…

が、いつかの悲しい話

我が家の 客室の棚は シートを貼っています

台北の湿気のせいで シートが剥がれてきます

それを ほったらかしていた怠惰のせいで

ある日 そこに 切れた尻尾と 干からびた イモちゃん…

きっと散歩中に シートの粘着に

くっついて 自力で抜けれなかったよう

尻尾も切って 逃げようとしたが 力尽き…

チーン

結構落ちた…

でも その次の日 ほうきを動かしたら 

小指より小さい イモちゃんが!!!

ミニイモちゃんー うちに住んでー

と 願いが通じたのか

また キュッキュッと 声が聞こえるようになった我が家です

そんなイモちゃんも大きくなりました

長生きしてね〜







posted by ひかのすけ台湾 at 01:00| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
       旅行日数からスーツケースを探す 
     タビナカ