2018年04月29日

無免許未成年追突事故の経過 本気で統治国家⁉️



どーも ひかのすけ台湾です






毎朝7時に記事更新中






過去記事に書いた







3月の バイク事故






無免許のくせに 特に反省の色なく

親も親で 何やねん







台湾人に対する印象が 

めっちゃ悪くなるやん

な 加害者








法治国家といえ

事故から 1カ月以上経った4月末

保険会社も未だに 出てこず

呆れてしまう 法治国家です









この失態に 輪をかけるかのように

警察交通局の判定は

1カ月以上待った末の結果が

「監視カメラの映像がないので

責任の所在が判定できません」という

情け無い結果…









台湾人 大好きな 沒辦法ですよ〜







これには台湾の友達も

「アホやん 監視カメラのない時代は

どうしてたん?」とツッコむほど








何の為に 我々外国人が 18パーも

税金納めてると思ってんねん‼️










吠えても 仕方なく

来月 調解委員会というのに

徴収されて 相手に 賠償請求する事に

なりました










で ダメなら 刑事事件で訴えるという

展開速すぎる 台湾










話し合う常識に欠ける輩が

多いのかしら…











以前タブレットをカフェで盗まれた

時以来の 裁判所だぜ❗️










ひとまず 調解委員会 ちゃんとしてくれ❗️

と願わずにいられない




posted by ひかのすけ台湾 at 20:00| 台北 ☁| Comment(0) | トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
       旅行日数からスーツケースを探す 
     タビナカ